任意整理後 ローン

任意整理後のローンについて

たくさんの債務によって支払いが困難となってしまったために、
不本意ながら任意整理等の債務整理をお考えの方はたくさんいらっしゃいます。
その場合に多くの方が非常に気にしておられるのが、
任意整理をしてしまった後は一切のローンが組めなくなってしまうのではないか、といった不安です。

 

 

 

結論から申し上げると、任意整理を行ったからといって一生涯ローンが組めなくなってしまうということはありませんので、
安心して司法書士等の専門家にご相談なさってください。

 

ただし、一定期間は債務整理を行ったという事実が情報機関に登録されますので、その期間はローンを始めとした一切の債務を負うことはできないと考えておく必要があります。
この情報は経年によって登録を抹消されますので、それ以降は再びローン等の利用もできるようになるのです。
ただし、債務整理の対象となった債権者に関しては、今後永久に利用できない可能性が高いです。

 

登録を抹消されるまでの期間についてですが、3年〜5年と言われておりばらつきがありますので、5年間はローン等の申し込みをしないでおくのが無難だといえます。

 

まだ情報機関に債務整理の記録が残っている段階で申し込みをしてしまうと、その業者にも債務整理をしたという事実が判明してしまいますので、社内の情報に登録されてしまうと今後その業者の利用ができなくなってしまいます。


今なら初期費用無料で任意整理を始めることができます

 

TOPページ