任意整理 信用情報

任意整理をすると信用情報へ事故情報として登録されます

消費者金融やクレジットカード、ショッピングローンなどを利用する場合には、必ず信用情報というものが照会されることになります。
この情報には、各個人のこれまでの返済記録や延滞、遅延といった情報が記録されており、一定期間保持されることになっています。

 

多重債務によって任意整理を行うと、その事実もまた信用情報に登録されてしまいます。
これはいわゆる事故歴となってしまいますので、任意整理を行った後はしばらくの間一切のローンや融資を受けることはできなくなってしまいます。

 

このことを不便に思い、多重債務に苦しんでいるにも関わらず、専門家による借金の相談を行わない方が非常に多いのですが、仮に任意整理を行ったとしても数年間の一定期間をおけばこの記録は抹消されますので、今後ローンが組めなくなるということを心配して任意整理を行わないというのはとてもナンセンスです。

 

もちろん任意整理の対象となった業者に関しては、今後利用できなくなってしまうのですが、これまでに利用していなかった業者については信用情報の記録が消えてしまえば問題なく利用できます。

 

いつまでも一人で苦しんでいないで、まずは司法書士などの専門家に相談してみて少しでも早く気持ちを楽にできるよう努めて頂きたいものです。

 

※jicc.やCICなどで紹介することにより、自分で信用情報機関の情報を確認することもできます。
 任意整理後、クレジットカードを作る際や住宅ローンを組む際にはコチラをりよすると確実です。

 


今なら初期費用無料で任意整理を始めることができます

 

TOPページ