任意整理 保証人

保証人がいると任意整理ができない?

任意整理などの債務整理を行おうとする上で、大きな障害となるケースがあります。
それは保証人を付けた債務が存在しているというケースです。
この場合、任意整理等の債務整理を行うと債権者は保証人へとターゲットを切り替え、保証人から融資額を回収しようとすることになってしまいます。

 

大抵の場合保証人というのは親族であったりするものですが、場合によっては友人等に頼み込んで保証人になってもらった、というケースもあるでしょう。
そういった場合絶対に友人に迷惑はかけたくないものです。
また親族が保証人の場合も、なんとか知られずに解決したいとお考えの方も多いです。
保証人を付けてしまった以上債務整理は不可能だと嘆いておられる方もたくさんいらっしゃることでしょう。

 

そんな時こそ司法書士に相談してみることをおすすめします
任意整理の場合であれば、任意の債権者を選択することができますので、保証人の付いてる債務に関しては除外してこれまで通り返済を続けていくということもできるのです。
当然全ての債務を整理する場合と比べれば、今後の返済計画は多少苦しいものとなるかもしれませんが、どうしても他人に迷惑を掛けたくない、という場合はその旨を司法書士に相談して債務整理を行うことを検討するべきです。


今なら初期費用無料で任意整理を始めることができます

 

TOPページ